スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CV03「巡音ルカ」詳細が発表されました

クリプトン・フューチャー・メディアから遂に
VOCALOIDシリーズ最新作の発売日が発表されました。

「巡音(めぐりね)ルカ」
http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vocaloid/cv03.jsp

今回のキャラクターデザインは口元を結んだ随分と凛々しい顔立ちですね。
ほうほう得意ジャンルはハウス~エレクトロニカ系ダンスとな…

まさに私達の為のっ…!かどうかはわかりませんが、
ミク以外の新たな選択肢として考える価値はありそうです。
ルカノポップか…言いづらいな、エレクトロルカ?(何

ただ、詳細を見る限り、得意な音域「D3~D5」という事で、若干低めですかね。
"ムーディーかつハスキーな女声"をコンセプトに収録されたクールな声質で、中域から高域まで広めの音域をフォロー。
と書かれていますが、一般的な女性の方だと恐らくA3~C#5くらいなので、
私的にはどちらかというと低域が得意そうな印象です。

D3というかなり低音が出るようなので、
図太いソウルフルな歌が意外に向いているかもしれません。

今私達が作っているような、いわゆるキラキラした楽曲に関しては、
より印象を得る為にキーをギリギリまで上げた方が、
VOLCALOID音源を使う場合聞こえがいいので、
出来ればF5くらいまで幅広くカバーしてくれていると非常に有難いのですが…

まぁそこは音源の強みを活かした、ファだろうがソだろうがラだろうがいくらでも
上げる事は出来るのですが、あんまり上げすぎると何言ってるのか
判らなくなってしまうので限度というものもありますけど(汗

七色リミックス」を手に取って下さった方はお判りかもしれませんが、
トラック7に入っているプロトタイプ(ミクのボーカルを乗せる前の段階の曲)は
原曲よりもkeyが-1低いんですね。
上記に上げた事が理由なんですけども、それを踏まえると
せっかくならもう一声!といきたい所です(笑

リンレンは、個人的にパッと聞いた時に使い辛そうという
印象が拭いきれずスルーしたのですが、
ルカは今後のデモが楽しみになってきました。

コメント

 
ほー!これは期待ですな!
ハウス~ラウンジ系だと若干ソウルフルなほうが使いやすいですからね
日本語歌詞のデモが来ないと何ともですが、
英語歌詞のデモを聴く限りでは割と聴きやすそうな声なので、
新しい風として取り入れるのもアリじゃないかな、と。
あとは使い勝手が全て…ゆうさんはもう購入するとのコト(笑

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © P∴Rhythmatiq Blog All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。