スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新曲の構想を練ったり練らなかったり

どうもPHOENIX Projectのゆうでございます。
近頃早寝早起きです。ちなみに今4時44…やめてくれよ縁起でもない!!

さて、11月末のボーマス6のために新曲を書き始めております。
act:01の時は冬を先取りした切ない曲に挑戦してみましたが、次はどうしようかと思ってます。
むしろ今から冬という時点で季節ネタは封印フラグなんじゃないかと悶絶中。

とまあせっかくなので、私がVOCALOID曲を制作する工程をサラッと書きつづってみましょう。


① 原案・ラフ楽曲を練る
  割と早い段階から心を乙女モードに切り替えます。初音ミクとの同期を図るためです。
  次に、右手の親指の爪を甘噛みしながら上目遣いでPCと向き合い作曲を始めます。
  (※ この時点でPC画面がまったく視界に入っていない事に注意!)

② 一通り打ち込んだら歌詞を書く
  打ち込んだメロディや伴奏から言葉を連想して行きます。
  そして浮かんだ単語を片っ端から並べていきます。例.)「七つ」「球」「つかもうぜ」「神龍」 等
  一通り書きつづったら、それらのワードを組み合わせて歌詞を書いていきます。
  この工程こそ乙女モードの本領発揮です。ここで少しでも男心を垣間見せてしまったらOUT。
  女装して取り組むと尚良し

③ 歌声に魂を込める
  歌詞が出来上がったらいよいよVOCALOIDさんに歌って頂きます。
  一字一句に熱と魂を込めるため、何度も取り直します。ミクもこの工程が一番ハードのようです。
  ミク「そりゃそうですよ~、だってここしか私の出番ないんだもんっ!」
  いやいやミクミク、ミクが言ったのよ?(何

④ 歌詞と歌声に合わせて伴奏を完成させる
  さあいよいよ終盤です。VOCALOIDさんの歌声と書き上げた歌詞から、
  今度は逆に楽曲の完成イメージを固めて行きます。コーラスなどもこの時点で付けます。
  この時点ではDTMer…すなわち職人としての力が発揮される場面なので、
  乙女モードは限りなくOFFに近い何かへと変化します。 例.)女装状態であぐらをかく 等
  余談ですが、「かきあげたかし」がまず「かき揚げた歌詞」に変換されました。油っこい歌詞ですね。

⑤ ミックス作業を経てWAVEデータに書き下ろす
  最終工程です。音のバランスを整えたり、やり残している打ち込みや音程のミスが無いか等、
  念入りにチェックします。基本的にミクと談笑しながら行います。

    例) ゆっくんP「どうだいミク、今回の曲は?」
       ミク「アタシ、ミク。歳?16。まぁ今年で17、みたいな」
       ゆっくんP「誰」
       ミク「ご、ごめんなさい。いま流行ってるのかなぁと思って」 等

  楽曲が出来たらP∴Rhythmatiqメンバーに聴いて貰って、問題なければ決定版になります。

以上、不真面目に真面目な解説をしてみました。(最悪だ

でも制作の流れとしては大体こんな感じになります。
女装はともかく「乙女モード」は実際に導入しています。
他のP∴Rhythmatiqメンバーも行っているはず。
女の子に成りきれなくて、歌詞など書けるものか!と言うわけです。

さて、無駄に長々とお送りしてしまったお詫びといたしまして、
私が初めてVOCALOIDを使って打ち込んだ楽曲を披露してみます。
個人サイトPHOENIX Projectで公開している曲だったりしますが、
上記作曲工程と一緒に楽しんで頂ければ幸いです。

ではでは。


※ 初音ミクのiconはユメのオワリ様から拝借しております。
をクリックすると楽曲のダウンロードができます。

コメント

 
なんて解かりやすい解説なんだ…ッ!
そうでしょうそうでしょう!…ですが
箇条書き部分以外はほとんど信用してはいけません!(何

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © P∴Rhythmatiq Blog All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。