スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーマス23参加します【か03、04】

12月に開催されるボーマス23の配置が出ましたのでお知らせします。
P∴Rhythmatiqは今回もCueBと合体スペースで【か03&04】の配置になりました。

まだ先の話ではありますが、久しぶりのボーマスなので、
おそらく新作を用意出来るんじゃないかと思っておりますのでどうぞご期待下さい。

だんだんと寒さを感じる季節になってきましたね~皆さん体調には十分気をつけましょうね。

CueB公式サイト
http://cueb.info/

「THE VOC@LOiD M@STER23」公式サイト
http://ketto.com/tvm/
スポンサーサイト

ぼかりすことvocalistenerをちょっと触ってみました

Eruです。

話題(?)のぼかりす、実はリリース日に買ってしまいました。
最初、パッケージ版が出てると思い込んで楽器屋三件くらい巡ってしまいました…。
現在はDL版だけのようですね。

さて触ってみた感じですが、よく出来たシステムなのは勿論で、
これまでの根底をひっくり返すくらい画期的なシステムなのですが、
当然のことながら色々メリットやデメリットも見えてきました。

メリットは言わずもがな、技術の高さ故の解析力とその生々しさ。

試しに女性アーティストのボーカルを読み込ませてみて解析してみたのですが、
びっくりするくらい正確に読み取ってくれました。

歌詞載せも右クリックからラクラク出来るし、
ジョブプラグインということで書き出しも一発で出来るお手軽さ。

恥ずかしさと闘いながら自分でも試しに歌ってみましたが、
ヘタな部分も忠実に再現してくれるので割と凹みます(苦笑

デメリットもちろんあって、ひとつは処理やパラメーターの細かさ故にソフトがかなり重い。
ある程度のマシンスペックが必要になってきます。

一曲を丸々読み込んでやろうとすると、これ一体どれくらい解析に
時間かかるんだろうっていうくらい時間がかかります。
なので、中の人もおっしゃっているように細かくパート分けしての解析が推奨されてます。
1コーラスずつくらいがストレスを感じない限界ですかね。
AメロBメロサビに分割した方がいいよって書いてはありますが、流石に面倒。

データをちょっと直そうと思っても物凄い情報量なので、
手書きで直そうと思っても修正した部分がバレやすいのもデメリットの一つかも。
相当修正に時間かけないと(か、元の歌唱データをよっぽど上手く聴かせるかしないと)
ヘンな部分ができてしまって「これならぼかりす使わなくても…」と、
手間の時間を考えると結構苦痛に感じる人もいるかも?

あとは当たり前ですが生の歌唱データが必要になってくるので、
今までVOCALOIDで完結していた人にとっては二度手間になるのが痛いトコロ。

パラメータ関連の弄り具合はVOCALOID初めて触った人の多くが躓く部分でもあるので、
その部分を突き詰める手間は割と計り知れないものがあるのも事実。

音取りの精度もいじれるのですが、ぱっと触った感じクオンタイズ的なものが
存在しないみたいなので前ノリや後ろノリを調整するのが大変。
音楽的な部分で前ノリの方が良いとかはありますが、パラメーターも全部移動しなきゃならないので、
コピペ処理すると大変だったりするのがイヤンな感じ。

あともう一つは面白い現象の一つではあるんですけど、人間臭くなる一方で
VOCALOIDらしさは消えるので、あのたどたどしさに慣れた人だと逆に
違和感を感じるかも。

この辺はホント、「~っぽさ」という部分では今後二分化していきそうですね。

あと、最初鼻歌でも行けるかと思ったのですが、
音程だけでなく、言葉切りのタイミングでも解析しているようなので、
ラララとかで歌うと音符の長さをうまく特定出来ないみたい。
歌詞がきっちり完成してからでないと打ち込めないみたいですね…。

そんなわけでして、今のところはデメリットの方が多くて
使い方を見いだせておりません。
そのうちこれは本当ニスゴイ!と思える革新的な使い方をする方が
出てくると思うので、私も一生懸命ない知恵を絞って面白い方法を編み出したいと思っています(笑

今のところ、私のぼかりすのこういう風に使いたい!と思う使い方は
特定のクセ(しゃくりとかビブラート)のパラメーターを保存出来て、
ボカロエディター側にそのパラメータを右クリでコピペ出来るとかに
なれば最高なんだけどなーと思っています。

つまり全部使いたいわけじゃなくて、パラメータだけ
テンプレ化して書きだして使いたい。もう超個人的な意見ですけども。

やっぱりプラグインということもあってエディターありきなソフトなので、
こまかい設定はぼかりすじゃなくてVOCALLOIDエディターで弄りたいのが本音。
プラグインを行ったり来たりするんじゃなくて、解析したパラメーターを
エディタにコピペ出来るシステムが構築されてくれればとっても嬉しいなぁなんて思ったのでした。

動画「Orizzontia」をUPしました

こんばんはEruです。

約一年ぶりに動画をUPしました!しかも今回は全編通して実写撮影での
MV制作に挑戦して、しっかりとしたミュージックビデオに仕上げました。
楽曲はP∴Rhythmatiq act:05やConstellaに収録した「Orizzontia」です。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19156134


流石に三年も前の曲ともなるとそのまま出すのはちと恥ずかしかったので、
曲に関してもニコニコ用に短いエディットにして、
MIXもミクの調整も全てやり直して投稿しました。

ピアプロの方にもカラオケと歌詞UPしましたので、
是非音楽プレイヤーに落としたり歌ったりして何度も聴いて貰えればなと想います。

http://piapro.jp/t/Awjm

~楽曲に対する解説とかMVに関して~


Orizzontia(オリゾンティア)は「orizzonte(オリゾンテ)」を模した造語で、
響きが良いのとtear(涙)とかかっていていいかな、と思って付けました。

英語でいう「horizon(ホライゾン)」に当たる単語です。
水平線とか地平線とかの意味がありまして、
今はもうここには居ない星になってしまった人を想い、朝日に飲まれ、
オリゾンテの向こう側に消えていく星の様子を表現した楽曲です。

いつも前向きな曲ばかり書いている私にしては珍しく「別れ」をテーマに、
歌詞を追うごとに「夕方→夜→朝」の時間軸が流れるストーリー性を込めた作品で、
星になってしまった大切な人の事を想いながら書いたら、
いつもは苦戦する歌詞なのですが、割とすんなりかけた覚えがあります。

今までP∴Rhythmatiqで何曲もオリジナル楽曲を書き下ろしてきましたが、
その中でも個人的に結構気に入っている曲でして、曲が完成した時からずっと
「いつかネイチャー要素を取り入れたMVを付けられたらな~」と思っていました。

今回MVのために一念発起して友人と一緒に撮影にあしげく通い、
写真と動画を組み合わせ、長期間に渡って撮りためたものを一気に繋げて、
何度も試行錯誤を繰り返しながら完成したのが今回の作品です。

MV内ではタイムラプス(微速度撮影)を多様した為、
このムービーを作るために述べ数万枚以上のショットを切り、
何度も失敗したり山に登ったり森に撮影に行ったり…
この苦労だけで一時間余裕で語れるくらい大変でした(苦笑

自然相手なので、「このシーンはこの画が撮りたい!」と思っても、
なかなか思うようにいかなかったりで滅茶苦茶大変だったのですが(苦笑)、
VOCALOIDと真反対に属しそうな「自然動画との調和」という、
今までに有りそうでなかったスポットにうまいこと
収まったんじゃないかなーと自負しております。

本当はWBとか厳密に計ったりしたかったんですけど
勉強不足でそこまで追い込めなかったんですけど、
今後もこういう方向性の動画作っていけたらなーって想います。

PVのサイズも1280*720のHDサイズに初めて挑戦したので(とはいえニコニコでは854*480ですが)、
youtubeにはHDサイズでUPしておきますので気になる方はそっちも宜しくと言う事で。
星が流れるシーンは是非とも大きな画面でキレイな画質で見てほしいなーと想います。

秋の足音が聞こえ始めた今の季節にピッタリな楽曲なので、
是非とも聴いてみてくださいね。

ちなみに明後日はオリオン座流星群がありますので、
空を見上げるのもまた一興ですよ!

たまには雑記をば

一ヶ月更新しないと広告が出てしまうので、たまには雑記を(笑

只今、一年ぶりになりそうな感じでですが、
ニコニコ動画に投稿出来るようMVを制作しています。

ほぼ完成して、もうすぐ公開出来るかと想いますので今しばらくお待ちを!

そして上手く行けば、更に続いてもう一曲動画投稿出来ると想います。
ここ最近ずっと耳の調子が悪かったせいで悶々とした時間を過ごしてしまったので、
色んな想いをぶつけるべく頑張っておりますのでご期待下さい。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © P∴Rhythmatiq Blog All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。